FC2ブログ

成長と環境(2)

202005311124175a5.jpg


20200531112854c65.jpg


諸富徹京都大学教授の「資本主義の新しい形」を読んで
自粛生活でたるんだ気持ちが少しぴしっとした。

何よりも1970年代に「成長と環境」について熱く語った都留重人氏に
ついてその人柄と業績を思い起こさせてくれた点で、一層興味をもって
この本を読むことになった。

元一橋大学学長の都留重人氏はハーバードで学びマルクス経済学が
席巻する日本において近代経済学を定着させる功績を残したが、同時に
公共経済の視点から「成長と環境」について早々と環境重視を訴えていた。

実際都留氏は美ヶ原にビーナスラインの建設が浮上した時から
強く環境保護を訴えその先駆的役割を果たされたのは極めて重要。

そして50年後諸富徹氏の理論の出発点となっている点でも
特筆される。



都留重人氏はもともと800米のランナーでインカレで上位に入ったほどの
実力だったと言われ、一橋大学陸上部の部長を13年も務められた。

その間毎年末赤坂の瀟洒なご自宅に全部員50人ほどを招待され、
八丁堀から鮨職人を呼びカウンターを作り握りを供された。

またお庭でゲートボールのような英国のゲームもした。

さらに夏は長野県の別荘に4年生を招待されていたことなどを含め、
武蔵野に暮らす学生からすればその米国仕込みのライフ・スタイルが
まぶしく見えたのは当然か。

実際筆者もお鮨をたらふく食べた一人だが、50人も
招待できる都心の家など想像もつかない。

(赤坂の一角にたつ4軒の家には夫人の一族が
住んでいたようで、そのひとつは獅子文六邸だったとか。)



それにしても朋友サミュエルソンの「経済学・上下」(世界の経済学徒の
ほぼすべてが教科書として使っていた)の翻訳をされていたが
随分印税が入ったのだろう(と下世話なことをついつい考えてしまう)。

ご夫婦にお子さんがおられず、陸上部部員(通算すれば150人になるか)が
子供たち同様だと後年述懐されるエッセイを目にしたが、我ながら
その一人であったのかと少しうれしくもある。

ともかく今回気鋭の学者の書いた本書に出会ったことで遠い
学生の頃のことを思い出した。

何よりもそれ以来見聞してきた経済事象の様々を理論的・実証的に
解析しさらに将来の方向を示唆する本書は極めて貴重なものとなった。


.
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR