FC2ブログ

株価はバブル?

202006050838198da.jpg


20200605083531e32.jpg

(国士館大学キャンパス)

米国株価は3月上旬に18千ドルを割り込んだがその後リバウンドし、
現在26千ドルとコロナ前の水準(29千ドル)が見えてきた。

この株価上昇の背景はコロナ対策としての2兆ドルを
超える財政政策とFRBの金融緩和が大きく作用している
のは言うまでもない。

しかし実体経済の落ち込みが十分に反映されていない
だけに今ひとつ腑に落ちないが、これがまさに中銀マネー
・バブルということなのだろうか。



なにが腑に落ちないか、そして高所恐怖の理由はと言えば、
米国の実態との乖離だ。

ます経済の根本である雇用統計の悪化。

失業者は3月70万人、4月2053万人、そして今夜発表される5月予想は
800万人と3か月で3000万人が職を失い、失業率はついに20%レベルだ。

そして第2点がトランプ大統領の暴挙。

人種対立の激化に伴い一部では略奪を含め暴徒化しているが
基本的には市民の平和的デモであり、これに対し軍の出動を要請する
など愚行を通り過ぎた蛮行だ。

その異常さは人種差別の実情そして警察、軍を含めた米国の
統治システムを熟知しない日本人にとっても行き過ぎに見える。

そしてトランプ大統領の支持率が下落基調で40%水準に落ち
バイデンが50%を超えるところとなっているのは当然だろう。

にもかかわらず株式市場はトランプのバラマキを評価している。

実際バイデンを選べば法人税増税を課しそうで、それは
それで金融街の不安を増幅させることになるのだが。



米国においてはコロナの収束がいまだ見えず、大統領選を
5か月後に控えてとダブルの不安を抱えたままの状態が続く。

果たして経済実態から大きく乖離して見える
株価はどうなるのか。

リーマンショックから12年、中銀マネーによるバブルは
どこで破裂するのだろうか。



.
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR