FC2ブログ

新しい日常

20200606102506f19.jpg


2020060610253956d.jpg


緊急事態宣言が解除されて「新しい日常」が始まった。

孫娘もピカピカの中学生になり、昭和的な制服に指定の鞄をさげて
多摩川を超えての電車通学を始めた。

すでに5月連休明けからZoomで入学式そして
ホームルームや授業が始まっていた。

しかしバーチャルではなくリアルに顔と顔を合わせての
楽しさは全く違うようだ。

当面部活も夏の林間学校もないのはかわいそうだが
これから学園生活は10年もある。

「新しい日常」の中で楽しく充実した日々を過ごしてほしい。



それでは「新しい日常」とは?

それは政府の言う手洗い、飲み屋での横すわりと言った生活指導ではなく、
あくまでもニューノーマル(新しい当たり前)つまり社会の変革だ。

中国で言えば「新常態」が思い浮かぶが、習・李が掲げた
高度成長・輸出型経済から中成長・消費経済型への転換の
ような社会の価値観の変化をもたらすものだ。

コロナショックに見舞われた我々にとってのニューノーマルとは
非接触社会におけるIT Literacyの一層の充実か。



IT革命から20年我々の生活のデジタル化はそこそこ進んでいたが
今回のコロナでアナログ行政の実態には驚かされた。

①給付金申請書に身分証明と口座番号のコピー添付が求められたこと
②オンライン申請の確認が手ベース・読み合わせで行われていたこと
③都と保健所のやりとりがFAXで行われていたこと
④教育のオンライン化が全く進んでいないこと、など。

つまり日本のIT Literacyは世界基準からすれば周回どころか
5周ぐらい遅れているのが実情。

民度の高さを誇っている場合ではないのだ。

コロナ後のニューノーマルはずばり「デジタル化」であり、
それが「新しい日常」の基本になるのではないか。




スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR