甲斐八珍果

立秋とは名前のみで、毎日暑い日が続く。

このところ甲府市が40度越えを連発したが、日本一争いは
41度の大台を記録した四万十市に軍配が上がった。

汗を拭きながらも、日本一争いに市役所そして市民も嬉しそうだが、
お国自慢が増える楽しさでもなければ報われないこの酷暑の日々。



暑さ日本一を逃したものの、甲斐を代表するものと言えば富士山、
信玄の隠し湯、そして数々の果物か。

「甲斐八珍果」(かいはっちんか)とは、江戸時代より甲斐の代表的な
8種の果物を指し、、甲州街道を通り江戸幕府に献上したと伝わる。

この果物とは、葡萄、梨、桃、柿、栗、林檎、石榴(ざくろ)、銀杏。

今も勝沼あたりに行けば、葡萄狩り、桃狩り、梨狩りなど楽しめるのは
その時以来の流れと言えよう。



さらに、甲斐の名産物のひとつに饂飩、蕎麦とともに
粉食文化を代表する「ほうとう」がある。

先日、長野県茅野市のビーナスラインに沿ったところにある、
「ほうとう」で有名な「三駒屋」に立ち寄った。

店のチラシには遣唐使が持ち帰ったと書かれていたが、信義のほどはさておき
信州味噌を使った出汁に、鴨、豚、野菜各種を煮込んだお味は抜群。

「ほうとう」は甲斐の名物と思っていたが、武田家の信濃への進出とともに
この地でも郷土料理として定着したのだろう。

ともかく信州名産の味噌の味がとてもよく、これまで何度か
山梨県で食べたものより随分美味しく、舌鼓を打った。



(三駒屋)


(ほうとう)







スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/08/14 09:10)

甲府市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

ケノーベルからリンクのご案内(2013/08/14 09:14)

茅野市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR