FC2ブログ

投資再開

東京で49日間の緊急事態が解除され「新しい日常」が
戻った丁度その日、NYの証券取引所が再開した。

米国でのコロナは依然猛威を奮っているが、トランプに
尻を叩かれる形で、各州知事は経済優先へと舵を切った。

ともかくこの3か月の教訓は、各論として感染症は怖いが
総論としては(米国においてさえ)死亡率は0.03%とペストの
50%と比べ無視できる水準であることが分かったことではないか。

また世界で100本ほどの実験が進んでいるワクチン開発について
来年初には実用化されるとの見方は日々強まっている。

この種報道が投資マインドを明るくしているのは明らかで
米国の株価は3月の底値から半分以上のロスを取り返し、
強気が広がりつつあるところとなっている。



ポストコロナは米中対立の激化と米国のマイナス金利入りが
主な課題と言うことだろうか?

かかる環境下株価はコロナにめげず中央銀行の金融緩和策
そして政府の財政支出策により案外堅調に推移している。

すでにその水準はだぶつくマネーの影響を受けて長年来実体経済から
大きくかけ離れてきたが、その乖離は一層拡大してゆくのだろうか。



それでは著名投資家のスタンスはと言えば、まずウオーレン・
バフェットの動向について。

コロナによる急落を受けて、当初航空機株のナンピン買いを
行ったがその後売りへと方向転換した。

この人が短期間にぶれるのはこれまでなかったとして,
いよいよお年かとの意見も聞かれたが。

とはいえタイエアーは破綻し、ルフトハンザは政府から1兆円の
公的支援を受けるなどこの業界はとても厳しい。

一方ジム・ロジャースは、日銀が買い支えていることを理由に
日本株を再投資するとのことだ。

とりあえず第一波が過ぎ第二波が訪れるまでにワクチンの
開発がどこまで進むかが世界の経済、株価を左右することになる。


.

弱い鎖

20200523112902fe6.jpg

(胡蝶蘭)

いっとき新自由主義が世界を席捲し効率的な経済社会の
実現が目指されたが、そのひずみは貧富の格差に現れた。

そしてその格差は社会の公正を失わせまた分断をもたらした。

今回起きたコロナ禍はその亀裂をより大きくする方向で
作用しているようだ。

実際エッセンシャルワーカーと言われるテレワークと無縁な
低所得層の罹患率が高くなっている。

仏ではサンドニ地区そしてNYにおいてはブロンクス地区などの
感染率が高いのは、「鎖の強さはいちばん弱いつなぎ目で決まる」と
言われる通りか。

社会は鎖と同様に弱い部分が直撃され崩壊の危機に
直面することになる。



フランスの歴史家・人口学者のエマヌエル・トッドが、避難生活を
送るブルターニュの別宅にてインタビューに応じている。

自らを特権的としつつも、政府の施策つまりこれまでの社会政策
そして今回のコロナ対策について非難している。

マクロン大統領が「戦争」と呼び鼓舞したコロナ戦における惨状は、
サルコジ、オランド以来積み上げたフランス政府の失政の
結果だと断定している。

つまり医療資源を削ってきた新自由主義の限界の故であり、
貧富を助長してきたことが今回のリスク拡大に大きく影響したと。



新自由主義を最も追い求めた米国では、人間の強欲さが
リーマンショックをもたらしたように、その格差は日欧の比ではない。

未だ一日2万人以上の新規感染者と死亡者が2千人を超える
状況にありながらトランプ大統領は各州において
経済のアクセルを踏み込ませたのである。

ヒスパニックなどは都市部に住んで感染率が高いのに比し
トランプを支持する白人たちは主に郊外で安全に暮らしている。

したがって暗愚の帝王は大統領選を前にして
コロナ軽視を決め込んだと言うことだ。

つまり為政者の気まぐれは社会の一番弱い部分を痛撃し、
鎖の最も弱いところが切れることになる。


.

アホノミクス

5月22日(金) 18度 曇り

このところ梅雨を先取りしたような空模様で
うすら寒い日が続いている。

しかし季節のうつろいは正直で、我が家の小さな庭も
新緑がまぶしく、ミニバラとカーネーションの赤色を引き立たせている。

さらに紫陽花もいよいよ自分の季節とばかりに存在感をアピールしだした。

20200522131115d68.jpg


202005221250460f0.jpg


今日日銀が政策決定会合を開いて中小企業への融資を
決定したが、その存在感はめっきり減った。

有事こそ日銀の出番のはずだが、平時において
エンジンをふかし続けた結果肝心の今身動きがとれない。

実際7年前に黒田総裁が登場した際には「2年で2%」と豪語して
株高・円安のアベクロ相場を作り出したのは今からすれば懐かしい。

その異次元緩和こそがアベノミクスの正体で、成長戦略など
つけたしだったのは今更議論する価値もない。

浜矩子氏が「アホノミクス」と喝破したように、政府が発行した
国債をひたすら日銀が買い支えしたのは、禁じ手の
「財政ファイナンス」そのものだった。

今やそのつけを払わされていると言うことで、市場機能はズタズタ
そして日本経済はコロナ禍も加わってにっちもさっちもいかない。



コロナの第一波はほぼ収束し第二波に向けての
準備そして経済の回復が急がれる時期となった。

それでは昨年10月の消費増税そしてコロナと大きく下振れが
続く日本経済は今後V字回復を実現できるのだろうか?

米国経済は7-9月には20%以上回復し、4-6月の
マイナスを取り返すと予想されていたが、日米共に
「新しい生活」は消費を喚起する上で大きな足枷となるのではないか。

実際休業が解かれても、レストランで楽しくお食事など
怖くてかつての生活習慣へ回帰できるはずもない。

安全なワクチンが行き渡るまで、つまり3年程度は
だらだらとしたL字型の経済状況が続くのではないだろうか。


.

穴熊生活

東京では依然自粛生活を余儀なくされており、近辺のレストランは
どこも大変そうでテイクアウトに活路を見出そうとしている。

ということで営業協力をと思い、梅丘の一つ星中華「瑞雪」、
イタリアン「EARNYS」、そして赤堤の中華「火龍園」を試したが、
なかなかのお味を家で満喫できることはポジティブサプライズだ。

しばらく続く「穴熊」生活は将棋の戦法通り
ひたすら周りを大駒で囲い守りに徹するしかない。



3月辺りからコロナへの懸念が強まった影響を受けて第一Qの
経済成長率は-3.4%となり、第二Qは一段と冷え込みそうだ。

従って中小・零細にとどまらず、JR東日本やANAなど大手も経営が
圧迫されているようで、政府・銀行からの融資が喫緊の課題となりそうだ。

とりわけANAについては、過去10年公的資金が注入されていたJALが
慎重な経営をしていたのに比べ、そのすきを狙って積極経営に転じて
いただけに、今回のコロナショックは屋台骨を揺るがせる。



ということで穴熊生活を送る中で、日米のコロナによる失業者増と
コロナ死亡者の大きな差について何故なのかと首を傾げているところだ。

米国の失業者は過去3か月で3500万人(労働参加者が
1億8千万人だから20%にも達する)も増加した。

それに引き換え日本の場合は100万人増と推測されており、
30分の1程度に止まると見込まれる。

そしてコロナにおける死亡者も(公式発表では)現状750人で
米国の100分の1にも達していない。

どちらもその理由は推測の範囲を超えないが、前者については
企業内で失業者を吸収しているか、もしくは非正規社員が家に
引きこもり統計に反映されなくなっているのかも知れない。

また死亡者については山中教授も指摘するように、BCGの可能性を
排除できない。

ともかくコロナ失業者とコロナ死亡者が米国に比べて
少ないことは、理由はともかく日本にとって僥倖であると
言わねばならないだろう。



.

自由と風変り

フランスの言葉や文化に初めて接したのは学生時代の
教養課程で、フランス語の先生で記憶に残っているのは二人。

ひとりは精神科医・作家なだいなだの夫人でNHKの
フランス語講座のレギュラーで人気があったルネ・ラガーシュ。

そしてもうひとりはサルトル研究家の海老坂武助教授。

この先生については「風変り」との噂があったが、さすがに
フランス文化に接して身に着けた自由な思考は、閉鎖的な
日本社会で育った学生には「風変り」に見えたのか?



1990年ごろに日経新聞の文化欄に忘れていたその名前を発見したが
ブルゴーニュあたりの小さな村に滞在しながら、フランスの田舎の生活の
薦めを書いていた。

そして十数年後にその名前を再発見した時は、沖縄に移住して
自然や島の人々の生活に触れて暮らしているとの島の生活の勧めだった。

このように生活環境を自由に変えてその文化を楽しむ姿に、
不自由に働く身としては羨ましく思ったものだ。



そして過日朝日新聞にその名前を発見したが
今回は居候中のパリ・バスチーユ広場近くで考えたことなど。

そしてテーマは「孤立(soltalier)の中でも宿る連帯(solidalier)」で、
「t」と「d」の一字違いの二つの単語をもじりつつ、仏社会の実情
と未来への提言を行っている。

実際3月17日にパリで始まった都市封鎖は5月11日に段階的な
封鎖解除が始まったが、この巣ごもりを強いられた55日間にパリで
考えたことを書いている。

フランスではコロナ危機以降を展望し、金よりも健康、経済よりも環境、そして
社会的不平等の撤廃などを求める風潮が高まっているとのことだ。

さらに日本については、自分の言葉で現在の危機の意味と
未来の展望を語ることの出来る指導者を選び出すことの
必要性を指摘している。

ともかく半世紀におよび忘れた頃に筆者の目の前に現れては
新しい生き方をさらりと提案してくれるこの人の自由な発想は
やはり四角四面の日本人には「風変り」に写るのかも知れない。



.
プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR